【長崎・佐世保グルメ】商品開発担当者が行く佐世保グルメ食いだおれ旅〜2日目〜

食べ歩き

今回は、佐世保グルメ食いだおれ旅2日目と、お仕事の間の休日の模様をご紹介します!

【佐世保グルメ食いだおれ旅〜2日目〜】

まだまだある佐世保の名物グルメ!

1.レストラン本陣

佐世保駅から徒歩6分ほどのところにあるのがこちらの『レストラン本陣』さん。

オープンの時点で15名ほどの待ちがありました!

こちらで食べる、お目当ての佐世保グルメは『レモンステーキ』です!!!

レモンステーキは、米海軍基地の影響で流行した“アメリカンステーキ”を、日本人の口にあうようアレンジしたのが始まりだそう。

このとき、分厚いステーキ肉は“すき焼き”を思わせる薄切り肉に、ステーキソースは日本人が大好きな甘辛い醤油ベースになりました。

さっぱり食べられるよう、レモン果汁を効かせたことで「レモンステーキ」の名がついたといわれているそうです!

  

牛フィレ肉のレモンステーキ(2,800円)

スープは、コンソメポタージュを選べたのでポタージュに。

しっかりとした甘みのある、濃厚なコーンスープで、粒感はないタイプのコーンスープでした♪

サラダは、卓上の和風ドレッシングをかけていただきます。

キャベツ大根がたっぷりで、シャキシャキです♡

また、ライスパンも選べるのでライスにしました。

そうこうしているうちに運ばれたステーキはというと…

じゃーーーーーん!!!!!

この動画だけでごはん食べられるレベルかと…!

レア感が気になる人は、ひっくり返して焼いてください、と言われたのでその通りにしました!

お味はもう…

めちゃくちゃおいしい!!!!!!!!

お肉はめっちゃやわらかくて、薄めなので食べやすいです♡

醤油ベースのソースは、レモンのさわやかな酸味と相まってむちゃくちゃおいしい!

ごはんがすすむところではありますが、少し残して鉄板に乗せて混ぜていただきます。

これがまたほんとにおいしい♡♡

佐世保に行ったらマストで食べてほしいグルメでした!!

レストラン本陣 (佐世保/ハンバーグ)
★★★☆☆3.53 ■創業40年を迎えた老舗洋食屋です!無料駐車場完備! ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

2.蜂の家

つぎにやってきたのが、1日目でご紹介した商店街の中にある『蜂の家』さん。

こちらのお店でもレモンステーキなどの佐世保グルメをいただくことができます!

しかし、ホテルの夕食が待っていたため、ぐっとこらえて注文したのがこちら↓

ジャンボシュークリーム、アイスティー(720円)

大きさは、一般的なコーヒーフレッシュのサイズと比べてみるとこんな感じ。

皮はふわふわで、中はもったりしたカスタードがたっぷり!

そして中からまさかのキウイバナナ黄桃が出てきます(笑)

醤油さしに入っているのはカラメル

苦さも甘さも強くないので、シュークリーム自体の味を邪魔しません。

かけて食べると、プリンっぽい感じになります!

  

ジャンボといっても、夕食前にも軽く食べられるボリューム感でした♪

蜂の家 (佐世保中央/洋食)
★★★☆☆3.54 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

   

3.佐世保みやげ

夕食までは、駅周辺を散策。

購入した佐世保みやげをご紹介します!

   

りんごぽると(480円)ぽると(420円)

『ぽると』とは、洋菓子のビスケットと、和菓子のようかんを組み合わせた和洋折衷のお菓子。

柚子風味のあんと、ビスケットがなじんだ独特な食感が特徴で、原材料には、地元産の、壱岐産の柚子が使われています。

名前のルーツは、ポルトガルの港町「ポルト」をイメージしてつけられたそうです。

  

ビスケットとようかんって合うのかな、と思いましたが、めっちゃ合います!

それぞれの食感のよさも、味もケンカしてなくて、バランスがいい!

柚子のさわやかな香りもまたいいアクセントになってます。

『りんごぽると』は、ねっとりしたアップルパイ、といった感じで、こちらもまたおいしい!

シナモンもきいていて、大人のお菓子ですね♪

  

オンラインショップもあるので、興味のあるかたはぜひチェックしてみてください!

佐世保市の名物・お菓子 ぽると総本舗 | お菓子一覧
佐世保の菓子舗「ぽると総本舗」のホームページ。佐世保市の名物「ぽると」をはじめ、様々なお菓子をご用意しております。是非一度ご利用ください。株式会社白十字パーラー。

  

かんころもち(720円)

『かんころもち』とは、長崎県五島列島の代表的な郷土菓子。
「かんころ」は、五島地方の方言でサツマイモを薄く切って日干ししたもの。
お餅にかんころを混ぜて作ったのが「かんころもち」。
昔、もち米はとても高価なもので、かんころを混ぜて作ると量が増えて、みんなで沢山食べられるからと先人の知恵で作られたそう。

五島地方の冬期の保存食として今も各家庭で作られていて、変わらない手法で親から子へ引き継がれ、郷土菓子になったそうです。

  

取り出すとこんな感じ↓

包丁で薄くスライスして、オーブントースターで軽く焦げ目がつく程度に加熱して食べるのがおすすめの食べ方だそうです。

↑焼いていると少し膨らんで、取り出すとしぼみます。

食感はねっとりしていて、おもちというより、干し芋に近いです!

お芋のやさしい甘みに癒やされます♡

ついついもうちょっと、と食べすすめてしまう味ですが、今回購入したものは1本320gで900kcalオーバーなので、食べすぎには注意♡

ネットで購入も可能なので、ぜひチェックしてみてください!

2日目は、お仕事もあったのでこんな感じ。

1日休日があるので、まだまだ食べに行きます♡

  

絶品の海産物と満開の藤の花そして生ジェラート

待ちに待った休日!!ということで、さっそく食べに行きます♪

1.水月

佐世保駅から徒歩10分ほどのところにあるのが『水月』さん。

長崎・五島灘でとれた新鮮な海の幸をいただくことができます!

お座敷に通してもらって、まずはメニュー選びを。

気になるメニューばかりですが、注文したのはこちら!

いか活造り(3,960円)

すんごい透明感…!!!

しばらくの間、動いてらっしゃいました…

命に感謝して、いただきます。

  

まずは、歯ごたえがすごい!!

噛み切れるのに、もっちもちの食感です!

そして、噛めば噛むほど感じるのが濃厚な甘み!!

イカってこんなに甘かったんだ!と感動します!

  

そしてこのいか活造りは、『後造り』といって、胴の部分を食べた後に残ったゲソや耳の部分を、塩焼き天ぷらにしてもらうことができます♪

迷わず天ぷらにしてもらいました!

これがまたほんとにおいしい!!!

火が入っても硬くならず、甘みもまったく逃げていません!

衣は軽めについているので、さくさく食べすすめることができます。

ちょっとお塩をつけて食べればさらに甘み倍増♡

大満足の一品でした♪

  

あらかぶ造り(1,242円)

つづいてはこちら!

『あらかぶ』とは『カサゴ』のことです。

カサゴは、天ぷら煮付けではおなじみですが、お刺身で食べるなんて、新鮮でなければできないですし、食べられるお店もそう多くないのではないでしょうか!

この子もまたしばらくの間、動いてらっしゃいましたね…

  

気になるお味ですが、淡白ながらもしっかりとした旨みがあり、なにより締まった身の食感から新鮮さが伝わります!

ちなみにポン酢と、薬味にもみじおろしねぎが付いてきます。

良質なお魚を食べるって大事だな、と改めて感じました!

   

くじら3点盛り(700円)

なかなか食べることができないので、くじらも注文してみました。

左から『皮』『赤身』『百ひろ』です。

は、脂がしっかりしていて、旨みも強いです。

赤身は、あっさりしていて、臭みはそんなに強くなかったので食べやすかったです。

百ひろとは、小腸のことだそうです( ゚д゚ )

茹でてあるので、嫌な脂感や臭みがなく、コリコリした食感がクセになります!

   

あじ茶漬け(650円)

醤油や酒、みりんなどで調味した漬けだれに漬け込んだアジと、薬味に大葉、あられと刻み海苔もトッピングされています!

そのまま食べてももちろんおいしいですが、アツアツのおだしをかけていただきます…!!

  

うまーーーー(*´﹃`*)♡♡♡

あっさりしたおだしももちろんおいしいですが、甘辛いたれに漬かったアジもまたおいしい!

ほかにもいろいろ食べたはずなのに、さらっと食べられます♡

  

いかしゅうまい(500円)

佐賀に発祥のお店がある『いかしゅうまい』。

九州ではちょこちょこ見かける料理ですが、久しぶりに食べたくなり注文。

ぷりっとした食感と、いかの甘みが絶品です!!

  

マテ貝バター焼き(500円)

卓上のメニューには載っていなくて、壁に貼られていたメニューを見つけて注文。

マテ貝って、検索してもらえればと思いますが、ちょっと気持ち悪いビジュアルなんですよね…←

  

はじめてマテ貝を食べましたが、食感は硬すぎずやわらかすぎず、ミル貝に近い感じ。

ミルキーな甘さが特徴の貝でした!

  

以上が食べた全メニューです!

おいしいお肉も食べられるのにお魚までおいしいって佐世保ずるい…(´・ω・`)←

水月 (佐世保中央/割烹・小料理)
★★★☆☆3.27 ■佐世保の和食・魚料理はおまかせ! 西海、五島灘の様々な魚を取り寄せております。 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

2.藤山神社

おなかも満たされたところで、レクリエーションをはさみます!

目指す場所は『藤山神社』

佐世保駅前のバス停2番乗り場から【矢峰・柚木】行きに乗車。

30分ほど揺られて【藤山神社前】で降ります。

こちらが藤山神社です!

ちょうど満開のタイミングで、藤の花を観ることができました!

言葉が出ないくらい感動。

時季にもよりますが、タイミングが合えばぜひ行ってほしいスポットでした。

     

3.ミルキーウェイファーム

藤山神社から歩いて15分ほどのところにあるのが『ミルキーウェイファーム』さん。

『生ジェラート』を食べにやってきました♪

お店の入口にはメニューの看板が!

どれを食べるかすでに悩みすぎてしんどい(笑)

お店に入ると正面に並ぶジェラートたち!さらに悩むやつ!!

悩みに悩んで注文したのがこちら!

ダブル(牛乳・抹茶)(469円+プレミアム30円)

めっちゃくちゃなめらか…!!!!

牛乳は、濃厚ですが、しつこくなくてあとにひかないのがいい!

抹茶は、甘さひかえめでほどよい渋みがあります!

無心で食べ続けられるジェラートです(*´﹃`*)♡

ダブル(ラムレーズン・いちご)(価格は上に同じ)

結局おかわりしてしまった…←

いちごは、ミルキーなベースのアイスに、ちょっぴり果肉が入ってます!

さわやかな感じがたまりません♡

ラムレーズンは、濃厚!!

ラムの香りもしっかりしていて、大人アイスです♡

  

持ち帰りも対応されていますし、駐車場もあるので、佐世保駅からは少し距離がありますが、ぜひ足を運んでみてください!!

ミルキーウェイファーム (泉福寺/アイスクリーム)
★★★☆☆3.20 ■予算(昼):~¥999

 

【さいごに】

最後まで読んでくださって、ありがとうございました♡

お肉もお魚もスイーツも、ほんとにグルメが充実しています!

つぎは、食いだおれ旅最終日の模様をご紹介しますので、よければそちらもご覧ください♪

それでは、素敵なぐるめらいふを♡

タイトルとURLをコピーしました